top of page

ちゅうりっぷの球根植え

毎年11月後半に、子ども達がちゅうりっぷの球根を植えます。秋植え球根の中で、おそらく一番品種が豊富なのがチューリップではないでしょうか。国際的に登録されているチューリップの品種数は数千品種に及び、毎年新しい品種が作出されます。花の色は赤、白、黄色をはじめ、ピンク、紫、オレンジ、黒、茶系、複色など豊富。咲き方も、ユリ咲き、パーロット咲き、フリンジ咲き、八重咲きなど多種多様です。以前は、歌にある様に赤、白、黄色と今ほど色の種類は無かったと思います。子ども達は、一つずつ球根を渡されると大切そうに両手で持ち、植え方の説明を聞きます。今回は、幼稚園の道路に面した花壇に植えることになりました。前もって掘ってある穴の中に、そーっと置いて両手で土のおふとんを掛けてあげます。この時の子ども達の表情は、とても優し気に見えました。これから、明るい日差しと、子ども達による水やりで来春には花を咲かせてくれることでしょう。


昨年植えた球根から今年の春に、花壇いっぱいのちゅうりっぷが咲き誇りました。みんなが植えてくれた球根からは何色の花を咲かせてくれるかな?

bottom of page