top of page

つぼみ組ハロウィン遊び

 10月31日はハロウィン。その前日の30日につぼみ組がありハロウィンで楽しみました。ハロウィンを日本で楽しむようになったのはごく最近のことの様です。ハロウィンはもともとヨーロッパの古代ケルト人が先祖の霊をまつる行事だったと言われています。古代ケルトでは万聖節(ばんせいせつ)の11月1日から新年がはじまり、その前日の10月31日が一年の終わる日でした。(いまの日本でいう元日と大みそかの関係ですね)。そしてその10月31日の夜には、なくなった人の霊が帰ってくると考えられていたのだとか。日付でいうと大晦日のようなものであり、内容でいうと日本のお盆みたいなものなのですね。

 なくなった人の霊が帰ってくるときに、おばけ(魔物)もいっしょにこの世にやってきてさまよい歩き、人間の魂をぬきとっていくと考えられていました。そのおばけに「仲間ですよ」とアピールするために、ドラキュラ、魔女、ゾンビ、ミイラ男など怖いものに仮装するようになったと言われています。先述の古代ケルト人の万聖節で、魔除けとして飾っていてのは実はかぶだったんだとか。それが、のちにハロウィンがアメリカに伝わった時にかぶがかぼちゃに変わったと言われています。かぼちゃがよく採れたことやランタンに加工しやすかったという合理的な理由がそこにはあったそうです。子どもたちはさまざまに仮装して「TRICK OR TREAT!」と叫びながら近所の家々を周り、お菓子をもらうのがハロウィンのならわしです。その理由は、悪魔にみたてた子どもたちにお菓子をあげて立ち去ってもらうことで、災いを払うという魔除け的な役割があるというのが定説です。

 「TRICK OR TREAT」とは直訳すると「いたずらされるか、おもてなしをするか、どちらがいい?」という意味。子どもをもてなす=お菓子をあげるということで「お菓子をくれなきゃいたずらするぞ」というメッセージになりました。

 さて、つぼみ組でも、まずはかぼちゃのお化け作りから。オレンジ色の風船を膨らませ、目・鼻・口を付けていきます。次にお菓子を貰っていれるバックも作りました。シールを貼ったり、マーカーで色を付けたりしますが、8回目となり、子ども達がとても上手になっていたのでびくりしました。2歳児の成長は本当に目を見張るものがあります。最後に、小さなペットボトルに、園児が園外保育に出かけた時に、お土産として持って帰ってくれた、木の実を入れて音の出る楽器を作り、お菓子を貰いに出発しました。「トリックオアトリート」つぼみ組さんでもしっかりと言えていました。そして、お菓子(おもちゃですが)を貰ってとても嬉しそうでした。



bottom of page