top of page

わくわくDAY

12月2日(土)4年ぶりとなるわくわくDAYが行われました。うきうき20は、祖父母のみの参加ですが、わくわくDAYは父母のみの参加となります。最近は、お父さんによる送迎も増えてきましたが、まだまだお母さんの送迎が中心です。わくわくDAYは、普段あまり幼稚園に来ることのできないお父さんにも幼稚園に来ていただき、親子で楽しんでいただくことを目的としています。さらには、短い時間ですが、子ども達との触れ合いから、お父さん同士お母さん同士の交流が広がり、幼稚園に来ることが楽しくなってもらえれば、これほど嬉しいことはありません。朝、お父さんお母さんに挟まれて笑顔いっぱいの登園後は、思い思いの場所にて楽しい触れ合いの様子が見られました。ホールでは、おはりこクラブの皆様が中心となってクリスマスリース作り。ホールがいっぱいになるくらいの親子が、協力し合い、試行錯誤を繰り返しながら素敵なリースを完成させておりました。もも組は折り紙遊び、さくら組はブロック遊び、そして園庭ではサッカー、ボール当て、ブランコ、砂場などで一緒に遊ぶ姿が見られました。ボール当て遊びでは、大きな円の中に子ども達が入り、複数のお父さん方が協力してボールを転がしてくれていて、とてもほのぼのとした様子が見られました。10時半からは、もも組で絵本の会の皆様による、絵本の読み聞かせの時間があり、大勢の親子でクラスからあふれ出すほどでした。11時からは、ホールでお帰りの会が行われ、各学年ごとに歌声を披露してくれました。特に年長さんの歌声はとても素晴らしく感動しました。子ども達みんな素晴らしい歌を聴かせてくれてありがとう。最後に、親子で電車を作り出発。途中でピアノの音楽が止まるとそばにいるお友達電車とじゃんけんぽん。負けると後ろについて、再スタート。徐々に電車は長くなりとうとう2つの電車が残り、すみれ組の男の子がチャンピオンとなりました。土曜日の午前中でしたが、70組の親子が集い、楽しさや喜びを共有できた2時間30分となりました。ご参加いただきました皆様に、そしておはりこクラブ、絵本の会の皆様に心より感謝申し上げます。





bottom of page