top of page

アドベント Ⅱ

クリスマスが一歩一歩近づいています。気温が15度、20度という日がありクリスマスのイメージからかけ離れた陽気です。それでも、子ども達と毎日クリスマスが来るのを楽しみに活動しています。園内の装飾もほぼ出来上がり、夕刻から電飾にもあかりが灯りました。アドベントクランツにも2本目のローソクにあかりが灯り、心の準備も整いつつあります。アドベントⅡでは、ヨセフとマリアが住民登録のために旅立ち、生まれた町ベツレヘムに着いたところから始まり、町はずれの馬小屋でイエス様が生まれたこと。そして、その知らせを一番早く告げられたのが、貧しい羊飼いたちであったことを知りました。なぜ、イエス様誕生の知らせを貧しい羊飼いが一番早く知ったのか?それは、神様が裕福や偉い人たちではなく、貧しく、弱い人たちをいつもそばで見守っているよ、という証でした。人々は天を仰ぎ救い主の誕生を喜びました。子ども達も、今までのクリスマスのイメージにプラスして、イエス様降誕の喜びを心の中に感じてくれたことでしょう。





bottom of page