星に願いを!

7月4日、子ども達の願いが記された短冊が笹に飾られました。今年は、保護者の皆様にもご覧いただくことが出来ました。短冊を見ますと「走るのが早くなりたい」「カラオケが上手になりたい」「晴れの日が増えて外で遊べます様に」極めつきは「コロナウイルスがなくなりますように」といった現実的な願い、「ライオンになりたい」「早くお嫁さんになれます様に」「魔法が使えるようになりたい」など夢のような願い、そして素敵&面白い願いでは「ママとずっと一緒にいたい」「いい家族になりたい」「下水道修理をする人になりたい」「物知り博士になれます様に」そして、「心が大きくなります様に」子ども達の短冊を見ていますと心が温まると共に、その発想力に驚かされます。当日お天気は回復しましたが、七夕の夜、星空を眺めることは出来たでしょうか。子ども達一人ひとりの小さな願いが天まで届くことを願っております。